48時限目

 
 

203 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 17:43:54 ID:ybOl3P7+0
>>201
非常に良く判るが非常にワカンナイorz

湾岸戦争史補講完成しました。18:00辺りからUPするので
可能ならば支援スレ
http://aa5.2ch.net/test/read.cgi/mona/1134312074/
で支援願います…

204 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 17:51:43 ID:rzyKlo0J0
>>203
よっしゃ、まかしとけ。
何コマ?

205 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 17:55:55 ID:ybOl3P7+0
…何故か21コマですorz
最初はクルドと合わせて10コマぐらいで収める筈が…歴史入れちゃったからなあ。

206 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 18:00:40 ID:ybOl3P7+0
1/21
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|当初3回と合流させる予定だったのですが…
|どうもアッチコッチ行って混乱しそうなので別に補講する事に。
\__  ________________
━━━∨━━━━━━━━━━━━━━━━

   湾岸戦争史補講その1 イラクの諸勢力について(1)
  ,__
  iii■Λ   /
━.(,, ゚Д゚) /━━━━━━ΛΛ ━━━━ΛΛ━
  (|   つ ∇         (゚Д゚,,)      (゚Д゚,,)
   |  | ┌─┐    /⊂  ヽ    /⊂  ヽ
 〜|  | |□|  √ ̄ (___ノ〜 √ ̄ (___ノ〜
   し' J │  │   ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
  ̄ ̄ ̄ ̄!   |====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |つー事で呼び出されました。マジかよ…
    \____              ∧
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |夏休みも冬休みも無い時点で(ry
         \________________


207 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 18:01:15 ID:ybOl3P7+0
2/21
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|今回はイスラムの主流派・スンニ派…ではなくシーア派について。
|スンニ派については講義しません。湾岸戦争の講義には多分不要ですので。
|普通宗教ってのは解釈の違いから諸派に分かれるのですが、
|イスラム教は「預言者マホメットの後継は誰?」という点から最初に分裂しました。
|そこで今回は、少しイスラムの初期史に触れたいと思います
\__  ________________
━━━∨━━━━━━━━━━━━━━━━

  ムハンマド没後のイスラム教の簡単な初期史
  ,__
  iii■Λ   /
━.(,, ゚Д゚) /━━━━━━ΛΛ ━━━━ΛΛ━
  (|   つ ∇         (゚Д゚,,)      (゚Д゚,,)
   |  | ┌─┐    /⊂  ヽ    /⊂  ヽ
 〜|  | |□|  √ ̄ (___ノ〜 √ ̄ (___ノ〜
   し' J │  │   ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
  ̄ ̄ ̄ ̄!   |====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |無謀極まりなくないか?
    \____              ∧
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |簡単に、だ。簡単に。
         \________________

208 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 18:01:52 ID:ybOl3P7+0
3/21
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|イスラムを成立させた預言者マホメットが亡くなった当時、イスラム帝国は戦争中。
|又マホメットのカリスマ性で纏まっていた遊牧民族アラブ人は分裂の兆しを見せており、
|大至急後継の指導者が必要でした。
|よって第一代カリフにアブーバクルが立ち、彼の時代に東ローマからシリア、パレスティナ、エジプトを奪います。
|彼が二年で病死したために第二代カリフ・ウマルが選ばれます。
|双方とも中継ぎの色が濃いですね
\__  ________________
━━━∨━━━━━━━━━━━━━━━━

イスラムが相手にしていたのはササン朝ペルシア、東ローマ帝国。
いずれも疲弊はしていたが世界的な強国だった

当時の世界地図
http://www.ne.jp/asahi/chronicles/map/eurasia6C.htm

当時のアラビア半島近辺地図
  ,__                                      (出典:Purple Chamber
  iii■Λ   /
━.(,, ゚Д゚) /━━━━━━ΛΛ ━━━━ΛΛ━
  (|   つ ∇         (゚Д゚,,)      (゚Д゚,,)
   |  | ┌─┐    /⊂  ヽ    /⊂  ヽ
 〜|  | |□|  √ ̄ (___ノ〜 √ ̄ (___ノ〜
   し' J │  │   ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
  ̄ ̄ ̄ ̄!   |====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |後継者をゆっくり選んでいる余裕は無かったんだな
    \____              ∧
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |最後に地図のリンク先HP貼ります。双方非常にお勧めのサイトですので是非
         \________________

209 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 18:02:39 ID:ybOl3P7+0
4/21
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|第二代カリフ・ウマルはペルシアを崩壊状態に追い込みます。
|非常に公正な人物、「理想的なイスラム指導者」と称えられる彼ですが644年個人的な恨みから刺され、
|瀕死の重傷を負う事に。
|彼は死の直前に後継者を選ぶために有力者を招集、会議が始まります。
|候補は六人。その内有力なのはこの二人でした
\__  ________________
━━━∨━━━━━━━━━━━━━━━━

   ウスマーン・イブン=アッファーン (ウマイヤ家)
 アリー=イブン=アビー=ターリブ (ハーシム家・マホメットの従兄弟)
   二人ともマホメットの娘が妻
  ,__
  iii■Λ   /
━.(,, ゚Д゚) /━━━━━━ΛΛ ━━━━ΛΛ━
  (|   つ ∇         (゚Д゚,,)      (゚Д゚,,)
   |  | ┌─┐    /⊂  ヽ    /⊂  ヽ
 〜|  | |□|  √ ̄ (___ノ〜 √ ̄ (___ノ〜
   し' J │  │   ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
  ̄ ̄ ̄ ̄!   |====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |すんなり決まったのか?
    \____              ∧
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |否、かなり混乱したようだ
         \________________

210 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 18:03:13 ID:ybOl3P7+0
5/21
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|決まったのはウスマーン。第三代カリフの誕生です。
|コーランの制定、イスラム暦等の成果を挙げた彼ですが、
|富の分配問題、ウマイヤ家を重用しすぎたこと、等の理由で
|叛徒に殺害されてしまいます。
|後継はアリーでした
\__  ________________
━━━∨━━━━━━━━━━━━━━━━

貧しかった田舎騎馬民族・アラブ人は征服の結果世界でも豊かな地域である
シリア・エジプト・ペルシアを手に入れた。
莫大な富はしかし分配方法、貧富の差という難問を作り出していた
  ,__
  iii■Λ   /
━.(,, ゚Д゚) /━━━━━━ΛΛ ━━━━ΛΛ━
  (|   つ ∇         (゚Д゚,,)      (゚Д゚,,)
   |  | ┌─┐    /⊂  ヽ    /⊂  ヽ
 〜|  | |□|  √ ̄ (___ノ〜 √ ̄ (___ノ〜
   し' J │  │   ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
  ̄ ̄ ̄ ̄!   |====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |ありゃりゃ…って黒幕アリーじゃないか?
    \____              ∧
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |アリー自身は仲裁役にもなってるが、状況見ると怪しいのは否定できない
         \________________

211 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 18:03:49 ID:ybOl3P7+0
6/21
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|アリーは融和に努めようとしますが失敗。
|マホメットの妻の一人は反乱起こしたりと反乱祭りになります。
|何とか反乱を収めようと努力しますが最大の敵は豊かな地域を収め、
|虎視眈々と機を窺っていました。ムアーウィヤという人物です
\__  ________________
━━━∨━━━━━━━━━━━━━━━━

先代カリフ・ウスマーンの甥にしてウマイヤ家家長、シリア太守
  ,__
  iii■Λ   /
━.(,, ゚Д゚) /━━━━━━ΛΛ ━━━━ΛΛ━
  (|   つ ∇         (゚Д゚,,)      (゚Д゚,,)
   |  | ┌─┐    /⊂  ヽ    /⊂  ヽ
 〜|  | |□|  √ ̄ (___ノ〜 √ ̄ (___ノ〜
   し' J │  │   ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
  ̄ ̄ ̄ ̄!   |====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |うお、強大な敵だな
    \____              ∧
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |軍事力も経済力もウマイヤ家が上だ
         \_______________

212 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 18:04:37 ID:ybOl3P7+0
7/21
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|危機感を覚えたアリーは首都をメッカからメソポタミア…つまり今のイラク中部・クーファに移します。
|クーファはイスラム帝国のメソポタミア支配の為に作られた軍事都市。
|シリアに負けぬ地・メソポタミア&ペルシアを背景に対抗しようとしたんですね。
|657年、ついにムアーウィヤはアリーこそ叔父ウスマーン暗殺の黒幕だとして反乱を起こしました
\__  ________________
━━━∨━━━━━━━━━━━━━━━━

元々ウマイヤ家はメッカの有力者。メッカは敵地に近かった
  ,__
  iii■Λ   /
━.(,, ゚Д゚) /━━━━━━ΛΛ ━━━━ΛΛ━
  (|   つ ∇         (゚Д゚,,)      (゚Д゚,,)
   |  | ┌─┐    /⊂  ヽ    /⊂  ヽ
 〜|  | |□|  √ ̄ (___ノ〜 √ ̄ (___ノ〜
   し' J │  │   ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
  ̄ ̄ ̄ ̄!   |====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |イスラム世界の真っ二つに割った戦争か…
    \____              ∧
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |周辺諸国は疲弊し、イスラムに敵が居なかったから出来たとも言える
         \________________

213 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 18:05:30 ID:ybOl3P7+0
8/21
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|最初の侵攻を何とか退け、アリーとムアーウィヤは講和交渉に入ります。
|しかしこの講和に不満を持つ人たちがいました。
|彼らはアリーを弱腰と非難、ペルシアを占拠してしまいます。|
\__  ________________
━━━∨━━━━━━━━━━━━━━━━

イスラーム最初の党派・ハワーリジュ派成立
原理主義的な超強硬派だったが、今残っているのは穏健派だけである
  ,__
  iii■Λ   /
━.(,, ゚Д゚) /━━━━━━ΛΛ ━━━━ΛΛ━
  (|   つ ∇         (゚Д゚,,)      (゚Д゚,,)
   |  | ┌─┐    /⊂  ヽ    /⊂  ヽ
 〜|  | |□|  √ ̄ (___ノ〜 √ ̄ (___ノ〜
   し' J │  │   ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
  ̄ ̄ ̄ ̄!   |====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |ちょ、後ろ取られたぞ
    \____              ∧
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |ハワリージュと表記されることもある
         \_______________

214 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 18:06:22 ID:ybOl3P7+0
9/21
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|和議は失敗したんですがムアーウィヤはひとまずメソポタミアを離れます。
|一方アリーは軍をペルシアに向け、ナフラワーンの戦いでハワーリジュ派を撃破。
|しかしアリー軍も大損害を受けます。
|その間にエジプトを手中に収めたムアーウィヤに対抗する力は最早アリー軍にはありませんでした。
|敗色濃い中661年、アリーはハワーリジュ派残党の刺客に暗殺されます。
|アリー無き彼らを倒すなどムアーウィヤには容易き事、イスラームを統一した彼はウマイヤ朝成立を宣言。
|片や日陰者となったアリーの支持者達は一つにまとまろうとし、「アリーの党派」と名乗ります
\__  ________________
━━━∨━━━━━━━━━━━━━━━━

    アリーの党派(シーア・アリー)→シーア
 ,__
  iii■Λ   /
━.(,, ゚Д゚) /━━━━━━ΛΛ ━━━━ΛΛ━
  (|   つ ∇         (゚Д゚,,)      (゚Д゚,,)
   |  | ┌─┐    /⊂  ヽ    /⊂  ヽ
 〜|  | |□|  √ ̄ (___ノ〜 √ ̄ (___ノ〜
   し' J │  │   ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
  ̄ ̄ ̄ ̄!   |====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |シーア派の誕生か!
    \____              ∧
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |見れば判ると思うが、シーアは「党派、派」の意味。
         |シーア派は派派になってしまい本当は正しい表現ではない
         \________________

215 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 18:07:16 ID:ybOl3P7+0
10/21
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|アリーには二人の息子がいました。ハサンとフサインです。
|ハサンは馬鹿殿様を装い、100回以上の離婚結婚を繰り返す事でウマイヤ朝からの粛清を逃れ…
|一方フサインはそんなことはしませんでした。
|監視される代わりにフサインはシーア派から希望の星と見られます。
|そんな中、680年ムアーウィヤが息子ヤズィードを後継者と宣言。ウマイヤ朝が世襲であることが明らかに。
|これをイスラムの大半は受け入れます。スンニ派の誕生ですね
\__  ________________
━━━∨━━━━━━━━━━━━━━━━
  ,__
  iii■Λ   /
━.(,, ゚Д゚) /━━━━━━ΛΛ ━━━━ΛΛ━
  (|   つ ∇         (゚Д゚,,)      (゚Д゚,,)
   |  | ┌─┐    /⊂  ヽ    /⊂  ヽ
 〜|  | |□|  √ ̄ (___ノ〜 √ ̄ (___ノ〜
   し' J │  │   ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
  ̄ ̄ ̄ ̄!   |====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |何故賛成したんだ?
    \____              ∧
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |反乱に飽き飽きしてたのと、ムアーウィヤの施政が評価されたのが原因かな?
         \________________

216 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 18:08:07 ID:ybOl3P7+0
11/21
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|一方シーア派は猛反発します。
|「マホメットの甥であり娘婿であるアリーとその一族だけがカリフになれるんだ!」
|彼らは血筋を重視したんですね。
|シーア派の主力はクーファに居たんですが、メッカに居たフサインに密使を送ります。
|「我々の為に立ち上がって下さい!」
|フサインはOKを出し、一族を連れてメッカを抜け出しクーファに向かいます。
|人員、騎士33名、歩兵40名を含む総勢73名の部隊と、女子供含め一族130人
\__  ________________
━━━∨━━━━━━━━━━━━━━━━
  ,__
  iii■Λ   /
━.(,, ゚Д゚) /━━━━━━ΛΛ ━━━━ΛΛ━
  (|   つ ∇         (゚Д゚,,)      (゚Д゚,,)
   |  | ┌─┐    /⊂  ヽ    /⊂  ヽ
 〜|  | |□|  √ ̄ (___ノ〜 √ ̄ (___ノ〜
   し' J │  │   ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
  ̄ ̄ ̄ ̄!   |====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |中々男気があるな
    \____              ∧
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |しかしこれをウマイヤ朝が察知する。残せば殺されるとは言え女子供含め200名は多すぎた
         \________________

217 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 18:08:40 ID:ybOl3P7+0
12/21
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|フサイン一行はクーファまで後38km、カルバラにまで到着します。
|しかし待っていたクーファからの迎えは来ませんでした。
|ウマイヤ家は機先を制し、総督を派遣してクーファを押さえたんです。
|代わりに来たのはウマイヤ朝軍。その数4000。
|ウマイヤ朝軍はカルバラの宿舎を包囲。交渉も決裂し、フサインは決死の覚悟で打って出ました
\__  ________________
━━━∨━━━━━━━━━━━━━━━━

ウマイヤ家としては因縁の敵、反乱勢力を見逃すつもりは毛頭無かった
  ,__
  iii■Λ   /
━.(,, ゚Д゚) /━━━━━━ΛΛ ━━━━ΛΛ━
  (|   つ ∇         (゚Д゚,,)      (゚Д゚,,)
   |  | ┌─┐    /⊂  ヽ    /⊂  ヽ
 〜|  | |□|  √ ̄ (___ノ〜 √ ̄ (___ノ〜
   し' J │  │   ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
  ̄ ̄ ̄ ̄!   |====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |73対4000…
    \____              ∧
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |勝負は決まっていた
         \________________

218 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 18:09:21 ID:ybOl3P7+0
13/21
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|フサインは殺され、刀を突き刺されウマイヤ朝首都ダマスクスに送られ首実検を受けます。
|又、フサインの乗っていた白馬一頭だけが家族の下に戻り、皆馬にしがみ付いて泣き喚く内に
|ウマイヤ朝軍に皆殺しにされた、と言われています
\__  ________________
━━━∨━━━━━━━━━━━━━━━━

          カルバラの悲劇
  ,__
  iii■Λ   /
━.(,, ゚Д゚) /━━━━━━ΛΛ ━━━━ΛΛ━
  (|   つ ∇         (゚Д゚,,)      (゚Д゚,,)
   |  | ┌─┐    /⊂  ヽ    /⊂  ヽ
 〜|  | |□|  √ ̄ (___ノ〜 √ ̄ (___ノ〜
   し' J │  │   ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
  ̄ ̄ ̄ ̄!   |====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |う、うわあ…
    \____              ∧
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |この知らせはやがてクーファに届いた
         \________________

219 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 18:09:54 ID:ybOl3P7+0
14/21
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|呼んでおいて目と鼻の先での皆殺しを傍観するしかなかったシーア派は
|強い衝撃と罪悪感を感じます。
|このショックは求心力になり、この後のウマイヤ朝による激しい弾圧に対抗する力となりました。
|又、アリーの一族のうち生き延びた子供の母はササン朝ペルシアの王女だったと言われ、
|これが縁でペルシアにもシーア派が伝わります。
|普及は未だ先ですが
\__  ________________
━━━∨━━━━━━━━━━━━━━━━

フサインの殺された日はイスラムのかつての宗教祭事・アシュラの日とシーア派では伝承される。
アシュラ自体はユダヤ教の「贖罪の日の断食」を真似たものでイスラムが確立するにつれ廃れたが、
シーア派ではアシュラの日にターズイヤと呼ばれる追悼行事が行われる。
自らを鎖で傷つけるなど行為が異端に近く、イスラムが滅ぼした異教の行事の影響とも…
  ,__
  iii■Λ   /
━.(,, ゚Д゚) /━━━━━━ΛΛ ━━━━ΛΛ━
  (|   つ ∇         (゚Д゚,,)      (゚Д゚,,)
   |  | ┌─┐    /⊂  ヽ    /⊂  ヽ
 〜|  | |□|  √ ̄ (___ノ〜 √ ̄ (___ノ〜
   し' J │  │   ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
  ̄ ̄ ̄ ̄!   |====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |ほー、過酷な弾圧が返って事態を悪化させたのか…
    \____              ∧
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |その通り。この後シーアは主流派スンニとは違う道を歩んでいく
         \________________

220 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 18:11:03 ID:ybOl3P7+0
15/21
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|そう。ウマイヤ朝はその後も侵略を続け、
|
|とモンゴル以前では空前の領土を形成します。
|しかしそれを滅ぼしたのはシーア派でした。
|カルバラの復讐とばかりにウマイヤ朝の王族は一人を除いて皆殺しにされ、墓は暴かれたと言われます。
|初のシーア派王国・アッパース朝の成立です。
|ttp://www.ne.jp/asahi/chronicles/map/eurasia4.htm
\__  ________________
━━━∨━━━━━━━━━━━━━━━━

この後も、シーア派は常に少数派、かつ分裂しつつもイスラム二大宗派の一つの地位を維持する。
…ここまで前フリ
  ,__
  iii■Λ   /
━.(,, ゚Д゚) /━━━━━━ΛΛ ━━━━ΛΛ━
  (|   つ ∇      Σ (゚Д゚;)    Σ (゚Д゚;)
   |  | ┌─┐    /⊂  ヽ    /⊂  ヽ
 〜|  | |□|  √ ̄ (___ノ〜 √ ̄ (___ノ〜
   し' J │  │   ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
  ̄ ̄ ̄ ̄!   |====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |…ここまで前フリって
    \____              ∧
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |長いんだよ!
         \________________

221 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 18:11:50 ID:ybOl3P7+0
16/21
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|シーア派はこれまで見たとおり現在のイラクで誕生しました。
|シーア派自体はイスラム全体の15%に過ぎませんが、それは人口の多い東南アジアがスンニだから。
|中東ではそこまでの差はありません
\__  ________________
━━━∨━━━━━━━━━━━━━━━━
イラン(95%)
イラク(65%)
バーレーン(75%)
ペルシア湾岸に多いが、クウェートとカタールでは多数派ではない
  ,__
  iii■Λ   /
━.(,, ゚Д゚) /━━━━━━ΛΛ ━━━━ΛΛ━
  (|   つ ∇         (゚Д゚,,)      (゚Д゚,,)
   |  | ┌─┐    /⊂  ヽ    /⊂  ヽ
 〜|  | |□|  √ ̄ (___ノ〜 √ ̄ (___ノ〜
   し' J │  │   ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
  ̄ ̄ ̄ ̄!   |====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |(スルーしやがった)
    \____              ∧
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |(言うな前ギコ)
         \________________

222 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 18:13:06 ID:ybOl3P7+0
17/21
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|ところが、アラビア半島ではアッパースの後オスマン・トルコ等スンニ派が優勢な時代が続きました。
|結果、独立してはみたもののシーア派が多くてもスンニ派が支配しているという国が殆どだったんです。
|その代表が聖地を多く抱え、人口でも多数だがスンニ派が政権を握るイラクでした。
|シーア派は実権を求め、スンニ派の支配者は対応に苦慮します
\__  ________________
━━━∨━━━━━━━━━━━━━━━━
  ,__
  iii■Λ   /
━.(,, ゚Д゚) /━━━━━━ΛΛ ━━━━ΛΛ━
  (|   つ ∇         (゚Д゚,,)      (゚Д゚,,)
   |  | ┌─┐    /⊂  ヽ    /⊂  ヽ
 〜|  | |□|  √ ̄ (___ノ〜 √ ̄ (___ノ〜
   し' J │  │   ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
  ̄ ̄ ̄ ̄!   |====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |実際にシーアが政権を取れなかった理由は何だ?
    \____              ∧
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |スンニがシーアの脅威である程度纏まっていたのに対し、シーア派は部族間分裂が大きかった
         \________________

223 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 18:14:23 ID:ybOl3P7+0
18/21
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|フセインの場合、当初は押さえつける程度で服従すればよし、としていました。
|「まつろわぬ者」はとりあえず北のクルド人だけで十分で、南のシーア派と無理して戦う必要は感じなかったんですね。
|しかしイラン革命がすべてを変えてしまいます。
|「シーア派の統一」「宗教革命の輸出」イランはイラクのシーア派を扇動。
|これに応ずる形でフセインはシーア派に対する弾圧を強めていきます
\__  ________________
━━━∨━━━━━━━━━━━━━━━━
  ,__
  iii■Λ   /
━.(,, ゚Д゚) /━━━━━━ΛΛ ━━━━ΛΛ━
  (|   つ ∇         (゚Д゚,,)      (゚Д゚,,)
   |  | ┌─┐    /⊂  ヽ    /⊂  ヽ
 〜|  | |□|  √ ̄ (___ノ〜 √ ̄ (___ノ〜
   し' J │  │   ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
  ̄ ̄ ̄ ̄!   |====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |イランも余計なことを…
    \____              ∧
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |只、イラクのシーア派の不満は鬱積していた。イランの干渉無くとも何時か噴出していただろうと言われる
         \________________

224 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 18:15:38 ID:ybOl3P7+0
19/21
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|イランとの関係が急速に悪化する中、フセインは先手を打って危険人物を始末し始めます。
|その中でもシーア派対策は重要でした。
|シーア派をまとめられる人物を暗殺してしまえ!
|標的を選択し…決定。
|非合法組織ダーワ党のリーダーにしてシーア派最高の高僧の一人
|モハマド・バケル・アル・サドル師を捕まえて殺してしまいます
\__  ________________
━━━∨━━━━━━━━━━━━━━━━

一時期ニュースになったサドル派のサドル師は彼の従兄弟
  ,__
  iii■Λ   /
━.(,, ゚Д゚) /━━━━━━ΛΛ ━━━━ΛΛ━
  (|   つ ∇         (゚Д゚,,)      (゚Д゚,,)
   |  | ┌─┐    /⊂  ヽ    /⊂  ヽ
 〜|  | |□|  √ ̄ (___ノ〜 √ ̄ (___ノ〜
   し' J │  │   ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
  ̄ ̄ ̄ ̄!   |====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |こんなところにもつながりがあったのか…
    \____              ∧
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |まあ今のサドル師は宗教的には高僧でも何でも無いがね
         \________________

225 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 18:16:13 ID:ybOl3P7+0
20/21
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|これにより双方は非難をエスカレートさせ、とうとう戦争に突入します。
|以上、簡単ながらもシーア派の歴史でした
\__  ________________
━━━∨━━━━━━━━━━━━━━━━
  ,__
  iii■Λ   /
━.(,, ゚Д゚) /━━━━━━ΛΛ ━━━━ΛΛ━
  (|   つ ∇         (゚Д゚,,)      (゚Д゚,,)
   |  | ┌─┐    /⊂  ヽ    /⊂  ヽ
 〜|  | |□|  √ ̄ (___ノ〜 √ ̄ (___ノ〜
   し' J │  │   ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
  ̄ ̄ ̄ ̄!   |====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |イラクの方がおまけに近いな…
    \____              ∧
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |シーア派を知ってほしかったので上削れなかったって?言い訳カコワルイ
         \________________

226 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 18:20:45 ID:ybOl3P7+0
21/21
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |次の講義はクルド人に関して。
   |クルド人は軽量で済むと思います…多分
   \___  _____________
━━━━ ∨ ━━━━━━━━━━━━
利用した地図のサイト

Chronicles(世界史地図)
http://www.ne.jp/asahi/chronicles/map/index.htm

The Purple Chamber(世界史考証)
http://homepage3.nifty.com/ryuota/index.html

いずれも日本語・初心者向きです。興味あったらどうぞ。
このレス除いてすんなり書き込めました。
支援スレ使い切る程の支援本当にTHX!
  ,__
   ■Λ  /
    (,,゚Д゚) /
━ ⊂    つ ━━━━━━━━━━━━
  ┌───┐ ΛΛ    ΛΛ
  │      |(  ,,゚)   (゚,,  )
===========⊂┏━┓==⊂┏━┓=======
         (┃  ┃   (┃  ┃
        ┏∧━┫  ┏╋━┫
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|最初は10コマ程度でサクサク終わらすぜ!とか言ってた気がする
\___________∧_____
   /
    |長い補講だった…オウチカエリタイ
   \________________


227 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 18:25:56 ID:rzyKlo0J0
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 支援させて頂いたものです。
| こんな講義の支援をさせてもらえて非常に光栄です。

   ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ΛΛ
   (゚Д゚,,)
  φ   つ
√ ̄ (___ノ〜
||   ━┳┛


230 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 21:36:57 ID:XWRBXPGm0
講義乙です。

231 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 22:42:35 ID:tNyjGNrO0
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| シーア補講乙です。
| イラク問題を知る基礎としてタメになります。

   ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ΛΛ
   (゚Д゚,,)
  φ   つ
√ ̄ (___ノ〜
||   ━┳┛

232 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 23:30:08 ID:pxIjD19W0
1/2
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ちょっと、かなり過去に作成されたイラク戦争関連講義について見てみましたが…
| 容易には頷けないような論旨の流れだったり、流布されてる俗説を安易に用いていたり…
| う〜む、これはどうなのだろう…
\__  __________________________________
━━━∨━━━━━━━━━━━━━━━

  ,__
  iii■∧   /                  (・) |ヽ
━ (,, ゚Д゚) / ━━━━━ ∧∧━━━━  《 //|
   |   つ ∇      (゚Д゚,,)      /_ V/レ'
   |  |┌─┐   /⊂   ヽ    /⊂  ヽ
 〜|  ||□|  √ ̄ (___ノ〜 √ ̄ (___ノ〜
   ∪∪ |   |  ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
 ̄ ̄ ̄ ̄|   | ====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    | あんまりこんなこと言うと、講義製作者を叩いてるみたいでイヤなんだけどな…
    \____              ∧
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         | まあ、意見の相違ということで。
         \______________________________

233 ( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 23:31:52 ID:pxIjD19W0
2/2
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| という訳で、なるべく早急に臨時講義を行う事にします。
| テーマは、「ちょっと待て それでいいのか その反米」。
| 余りにも安易なアメリカ叩き、そして陰謀論に近い(ってかそのもの)までに発展した戦争経済論理。
| そしてピントを狭めたマスコミ報道が、どれほどまでに一般人の判断力を曇らせているか講義します。
| このままじゃ、安易な反日で盛り上がってる中・韓両国を笑えません。
\__  _______________________________________
━━━∨━━━━━━━━━━━━━━━

  ,__
  iii■∧   /                  (・) |ヽ
━ (,, ゚Д゚) / ━━━━━ ∧∧━━━━  《 //|
   |   つ ∇      (゚Д゚,,)      /_ V/レ'
   |  |┌─┐   /⊂   ヽ    /⊂  ヽ
 〜|  ||□|  √ ̄ (___ノ〜 √ ̄ (___ノ〜
   ∪∪ |   |  ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
 ̄ ̄ ̄ ̄|   | ====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    | 知ってそうで知らない国、アメリカ…
    \____              ∧
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         | 当然ながら、「俺の教える事が世界の真実なんだ!」なんて言うつもりはないさ。
         | 学校の「授業」じゃなく、あくまで大学の「講義」なんだ。
         | こちらから提供するのはデータや知識、視点のみ。
         | 考え方や結論までは提示しないので、あくまで思考の踏み台にしてほしい。
         \_________________________________


234 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 23:35:08 ID:D7eWQs+w0
うおお!兵器の人のイラク講義クル━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
アドレナリンが噴出してるのがわかる。楽しみにしてます!

235 :( ´∀`)さん :2006/01/13(金) 23:48:05 ID:YZiZMrzC0
>イラクの人
すません・・・年代と・・片仮名ばかりの種族についていけません・・・
板書に、種族の簡単でお馬鹿な説明とか、ランキング、今戦ってる組み合わせ
を書いて欲しいかも・・・馬鹿でスミマセン。
でも、学びたい気持ちあるんです!!
ただ、教授の話長いと・・・辛い・・・もっと一コマを短くして欲しいかも・・・・
コマ数これ以上増えるのまずいですか?

>湾岸戦争
反米、経済効果と聞きますが、イメージ先行で実際、使われた金額、補填された金額、翌年の軍事費
なんかは全然わかりません。具体的な金額も、多分高額すぎてそれ自体が高いのか安いのかわからないと
思うので、比較できる割と身近なものや、全体のパーセントかの表現なんかもあるとうれしいです。

多分、理解力の低い馬鹿と皆さん思われるでしょうが・・・
イメージつかめないでコマが終わってしまうのが本当に作者さんに悪いとと思うんで
恥を忍んで書き込みました。これからも講義頑張って聞いていきますのでよろしくです

236 :( ´∀`)さん :2006/01/14(土) 00:18:14 ID:sazGK5hH0
>>233
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
正直、国際問題に関してはマスゴミのせいで正確な考えが持ててない気がするので、
かなり嬉しいです。(まぁ中韓問題は2chにいても感化されちゃったりするけど)

237 :( ´∀`)さん :2006/01/14(土) 01:05:09 ID:pTtKtnWX0
     石原慎太郎=過激派右翼
           ↓なぜか?
     今までの発言は明らかに過激派右翼
  
 石原新党が与党になり、石原慎太郎が首相になったら
           ↓
    徴兵制になり石原一家の独裁体制になる
    (ちょうど、北朝鮮の金一家のように)
           ↓
     軍国主義に進み、言論統制が始まる
      (まるで、北朝鮮のように)
           ↓
  (軍と石原家の事ばかりでテレビがつまんなくなる)
           ↓
     戦争が始まって日本国、アボーン!
    
    ぃょぅは石原新党ができたら粉々に破壊するょぅ 



過去の講義でこんなん見つけた。
うわあ。 クオリティ向上万歳。

 
     













SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO